本日は、当事務所に今まで質問があった相談者様からのQ&Aに答えます。
【質問】

事情があって、結婚する2年ほど前に310万円消費者金融でキャッシングしていましたが、現在は完済しています。

結婚してマイホームを購入しようとしているのですが、過去にキャッシング履歴があったら住宅ローンの審査は通らないかもしれないと友人に言われましたが、これは本当でしょうか?

嫁さんにバレたら大変なことになりそうで、不安でたまりません。
【答え】

結論から言うと、キャッシングを利用した過去があっても住宅ローンは組めますのでご安心ください。

では、住宅ローンが組めない場合というのはどんな場合でしょうか?

まず非常に厳しいのは、2か月以上(61日以上)延滞をした場合の事故履歴(異動情報)がある場合です。
いわゆる、ちまたで言われる【ブラックリスト】状態です。
「返済をうっかり忘れることぐらい、誰だってあるでしょ?」と思われるかもしれませんが、
キャッシングの事故履歴は信用情報機関(CIC)に登録され5年間は残ります。

住宅ローンの申込をする前に信用情報機関の開示請求をして、ご自身の信用情報がどのようになっているのかを確認しておくと良いかもしれませんね。

もしそのような事故履歴があった方でも、何度も住宅ローンを通したことがありますので、
その場合は2時間無料の個別相談をご利用ください。
何事も100%というものはありませんが、難しい案件でも住宅ローン承認に向けあきらめないのがモットーです!
福山住宅ローン審査対策相談室(運営:福山FP不動産事務所)