本日は、当事務所にラインの無料相談で来た質問に答えたいと思います。
【質問】
もう7年前の話ですが、事情があって自己破産の経験があります。
現在は新しい職場で働いており、自己破産後の生活もここ数年は収入も安定して来ています。
少し先の話ですが、子どもが小学校に入る時期に合わせて住宅購入を考えています。そこで、自己破産の経験があっても家を買うことは可能でしょうか?

 

【答え】

結論から先に申し上げますと、家を買う事は可能です。

私の経験上、自己破産・債務整理をしてから家を購入できるか? と尋ねられた方は何人もいらっしゃいますが、尋ねられたほとんどの方が債務整理などをされていない方と同じ条件の住宅ローンで家を購入することができています。

ただし、みなさん共通して自己破産・債務整理をしてから5年以上は経過されていました

5年から10年が経過すると個人信用情報から事故情報が削除されていくためですが、自己破産の内容や現在の属性も絡んできます。

質問者様の場合、自己破産後7年経過ということですが、基本的には債務整理は5年間自己破産は10年間官報に載るとされ、いわゆる【ブラックリスト】状態で本来は住宅ローンが借りれない期間内に入っています。                                                                                             
ですが、当事務所ではそのような期間内の状況の方でも過去何件も住宅ローン審査を通してきていますので

今の生活が安定されているのであれば、住宅購入を検討されてもよいかと思います。

まずは、審査を通しての話ですのでお時間があれば、一度2時間無料の個別相談にお越しになって詳しくお聞かせいただければと思います。

福山住宅ローン審査対策相談室運営:福山FP不動産事務所