この業界に長くいると、住宅ローン審査に落ちてしまって(9人に1人が審査落ちの現実)「もう家が買えないんじゃないか??」と落ち込む人が結構いらっしゃり、当事務所に不安をかかえたままご相談におみえになられます。

でも、1度や2度審査に落ちてしまったからといって落ち込む必要はありません!

ローン審査に落ちてしまった原因が、住宅ローンを取り次いだ不動産会社や住宅会社の担当者の住宅ローン審査の出し方が未熟で良くなかったのが大きな原因かもしれないからです。

なぜなら、住宅ローン審査に1度や2度落ちたとしても、そのあと当事務所に相談に来られた多数の方が無事に審査に通って住宅を購入することが出来ています。

とはいえ、1度や2度住宅ローン審査に落ちてしまうと慌ててしまう気持ちも痛いほどわかります。

でもそこはあえて落ち着いて、もしも審査に落ちたら次のことをやりましょう。

①住宅ローン審査に強い不動産・住宅会社を探す ← ココが一番大事!

②個人信用情報の開示請求をする

③その内容を精査して、別の金融機関で審査に出す

④借入金額を見直す

⑤頭金を用意する

まずは、①の住宅ローン審査に強い不動産・住宅会社を探す

最初に相談した不動産屋さん(住宅会社)があまり住宅ローンの審査に詳しくない場合は、不動産屋(住宅会社)の見直しをしてみるのが1っの手です。

住宅ローン審査は、金融のプロ中のプロの目で分析してみないとわからないことが多くあります。審査落ちした時の不動産屋(住宅会社)の対応が頼りないと感じたら検討してみる必要があります。

②の個人信用情報の開示請求をする

案外本人が気づかないうちに、ささいなことから信用情報が傷ついている場合が多いものです。

なので、予想外に審査落ちしてしまった場合は信用情報の開示請求をして確認してみてください。

基本的には、CIC,JICCの両方で確認をとればOKです。

③別の金融機関で審査に出す

住宅ローン審査は、金融機関によって結構審査基準が変わってきます。

たとえ1つの金融機関で審査に落ちてしまっても、別の金融機関なら審査に通ることは正直ザラにあるのです。

なので、あきらめる必要はまったくありませんよ!

④借入金額を見直す

借入金額を少し見直すことで審査に通ることも結構あります。

もし、不動産屋(住宅会社)にうまく乗せられて少し余計な部分も付け足しているなと感じている場合、いっそそこは予算を削って借入金額を安く見直してみてください。

案外それで審査に通るケースがありますので・・・

⑤頭金を用意する

頭金を用意できれば、それだけ借入金額が下がりますので、当然効果があります。

ご自身で用意できなければ、両親に贈与でお金を出してもらう努力も必要となります。

もし、頭金が用意できるようなら、それで再チャレンジしてみましょう。

 

今回は、住宅ローン審査に落ちたばあいの対処法について解説してみました。

ただ、場合によっては連続で審査に出さずに6ヶ月ほど待った方が良いケースなどもありますので、そのあたりはプロの目で判断しないとわからないですね。。

もし、住宅ローン審査に落ちて本気でお困りであれば当事務所の無料相談におこしくださいませ!

福山で住宅ローン審査に落ちても本気で家が欲しい方の期待に本気で応える不動産事務所です。

1度や2度審査に落ちてしまった方の審査を通すのが得意です!

 

福山住宅ローン審査対策相談室(運営:福山FP不動産事務所)