こんにちは。

9月下旬とはいえ昼間はまだけっこう暑く、夜は日を追うごとに涼しくなってきた福山です。

カープの優勝が決まって、CSまでの期間が長すぎて少し気の抜けた期間を過ごしています。

CSを勝ち上がり、昨年の悔しい思いを今年こそ日本シリーズでリベンジし、悲願の日本一を実現してもらいたい渡辺です。

必ずややってくれるはずです!!

さて、当事務所は、

福山で、住宅・不動産購入相談に特化した、住宅購入専門のファイナンシャルプランナーがいるFP&不動産事務所です。

おかげさまをもちまして、創業来の個別相談件数が今日現在で 428組 になり、福山では 『知る人ぞ知る』 不動産&FP事務所となることができました。

日々、住宅を買うにあたり資金面で住宅ローンの返済に対する不安を抱えている相談者の生の声を聞き、その解決策として数字的根拠を示した不安解消のアドバイス・相談業務を日々行っています。

まず、何から始めたらよいのでしょう?

そんな日々の業務で、資金不安を抱えられて当事務所に相談にお見えになられる方が、

第一声としてこの質問が出てくることが多いのです。

住宅購入の第一歩は、予備知識のない無防備な状態で

いきなり住宅展示場に行くのではなく、

『ローンを組んだ後の30年に渡る支払い計画を作ること』 

大切な最初の行動は、アバウトな予算や条件で物件探しから始めることは避けるべきです。

購入のタイミング、適正な予算、購入後の家計の収支などの資金計画を作ることが大切。

資金についての不安は誰も抱えていることなのに、先送りにしてしまったり、簡単な資金計画でスタートしてしまうことが多いのです。

気に入った物件が見つかった時に相談するのでは遅い場合があります。

まずは購入後の家計の収支と貯蓄残高がどのように推移するのか確かめることが住宅購入計画の第一歩です。

それには、ライフプラン&キャッシュフロー表を作成すると良いでしょう。

そのための対策・サービスとして、

当事務所が提供している 『 住宅予算適正診断サービス 』 は,

ローンを組んだ後の家計推移が、30数ページにわたり、数字やグラフでわかりやすく表示され、安全な予算や支払い計画がわかることで、事前に予算オーバーを防ぐことができます。

予算オーバーして、購入後に住宅を手放さないといけなくなる致命的なリスクを事前に回避するための、『一時払いの安価な保険』 であると考えていただけたら安心できると思います。

 

当事務所自慢の、不安が安心に そして確信に変わる 住宅予算適正診断サービス 

↓↓こちらをクリック

http://fukuyama-fp.com/service1/

 

では、また