こんにちは。

福山の住宅・不動産業界も繁忙期を迎え、土地や住宅が動いて来ました。

人気エリアの土地は、情報が出ればすぐに売れてしまう状況です。

土地に関しては、常に最新の情報をキャッチするようアンテナを張りまくっている、FP不動産コンサルタントの渡辺です。

土地探しにおいては、旬な情報が『生命線』となります。

1分譲地

さて本日は 『夫婦・親子の連名で住宅ローンを借りる時の注意点』 と題してお伝えしてみたいと思います。

共働きであったり、2世帯住宅を建築する際に、一人だけの収入では希望の借入額を借りることが出来ない場合、連名で住宅ローンを申し込む場合があります。

夫婦共同で、あるいはお父さんと息子さんといった具合ですね。

連名で申し込むと、お二人の収入を合算して借入額を増やすことができ、住宅会社や住宅の品質のグレードアップを検討するなどの幅が広がります。

ただあくまで二人で共同して支払う、という前提なので、あまり借入額を増やしてしまっては危険です。

例えばご夫婦の場合は、連名で住宅ローンを借りたとしてもいざというときに、『ご主人の収入だけで返済が出来る額までしか借りない』 等といった上限を設定するほうが安心ですね。

しかし、それとは別にちょっと気がつきにくい注意点があります。

それは 「団体信用生命保険」 です。

単独で住宅ローンを申し込む場合には、借入本人に対して死亡や高度障害になった場合に

おりる生命保険が強制的に掛けられます。

これは連名で申し込んでも、同じく強制加入です。

しかし、連帯保証や連帯債務の場合どちらか一人しか団体信用生命保険の対象になっていません。

少し分かりにくいですが、連名の場合は主債務者といってメインの方と連帯債務者としてサブの方と分けられます。

そして、メインの方とサブの方はそれぞれ債務の半分を負うのではなく 『二人で全額を借りている』という考え方なのです。

そして団体信用生命保険は、メインの方のみに掛けられるためサブの方が不幸にして亡くなってしまった場合でも全額の債務が残ってしまいます。

逆にメインの方が亡くなったら、団体信用生命保険が適用され債務はなくなります。

例えば、メイン=ご主人様、サブ =奥さまとすると、ご主人様が亡くなったら住宅ローンは亡くなるけど奥さまが亡くなった場合は住宅ローンが全額残るということになるんですね。

最近では、住宅ローンの金利にいくらか上乗せすれば、サブの方も入れる 『夫婦連生団信』という商品を扱う金融機関がありますが、可能であればそれぞれが独立した住宅ローンを組むという形式のペアローン形式を選ぶという選択肢があります。

金融機関によっては連帯保証でないとダメなどの条件が付けられてしまうことがありますが

その場合でも、奥さまに住宅ローン全額分か半額分位の死亡保障をつけた生命保険を組んでおくなどの対策をしておいた方が良いですね。

いずれにしろ、ご主人の万が一があった場合に残された遺族の家計を助ける重要なものなので、連名で住宅ローンを借りる場合は団体信用生命保険がどういう扱いになるのかを事前に十分ご確認下さいね。

では、今日はこの辺で