こんにちは。

梅雨入りして数日経つ福山ですが、昨日の雨は結構すごかったですよね。

今朝は、穏やかなスタートのためか、わが家の庭には「かわいい来客」あり。

庭のカエル3

座り心地がいいのか、当分の間じっとしていました。

人間と一緒で、居心地がいい住まいが好きなんでしょうね、、、

いっときとはいえ、わが家の住人が増えてうれしいです。

さて本日は、当事務所が2時間無料で行っている住宅購入予定者限定の個別相談ですが、 特に今年になって急激に増えてきていると感じる、 『契約前のマリッジブルー』 と題して書いてみたいと思います。

よく住宅購入は 『恋愛』 に例えられることがあります。

いわゆる、『一目惚れ』ってやつです。

当初は、まだ買うかどうかわからない状態で、住宅展示場に行ったはいいが、 感じのいい営業マンから、プラン提案を受け→見積りを出され→クロージング といったパターンでついついその気になっていく心理です。

銀行の仮審査も通り、いざ契約の話が出始めたころ、その時点になって出てくる不安や心配事。

はたして住宅ローン払って行けるのか?

この心配、『お金の支払い不安』のことを、契約前のマリッジブルーと私は呼んでいます。

例えば、月8万円の支払いが今後35年にわたる長い期間、

こどもの教育費と重なって大丈夫か?

住宅ローンに追われる生活になるのでは?

払えなくなったら、競売にかけられる?

家族旅行も我慢しないといけなくなる?等々

お金にまつわる見えない不安がよぎって、お越しになられます。

ファイナンシャルプランナーの立場で言うと、その不安を解消する唯一の方法は、住宅購入後の家計の『収入と支出の見える化』 という手法を使う以外はないと確信をもっていえます。

俗にいう、ライフプラン とか 生涯生活設計 とか キャッシュフロー表 とかいいます。

これを作成(有料)することで、住宅を買った後の支払いが明確になり、買っていいかどうかの根拠がハッキリとわかり、冷静な判断ができます。

あなたも、住宅購入前のマリッジブルーが来たら、2時間無料の個別相談を活用して、お金の不安を解消し、安心して住宅購入に向かっていっていただければと思います。

 

今日は、この辺で