こんにちは。

お盆もあっという間に過ぎ、朝夕少しづつ涼しさを感じられるようになりました。

お墓参りや家族サービスで心身ともにリフレッシュできた数日間の夏季休暇でした。

日本勢のメダルラッシュに沸くリオオリンピックも佳境を迎え、残すところあと3日。

次回4年後の東京オリンピックが益々楽しみになってきましたね!

昨晩深夜、レスリングの吉田選手の応援で少々寝不足気味の、FP不動産コンサルタントの渡辺です。

さて本日は 『住宅購入でのFP(ファイナンシャルプランナー)活用のメリットとは?』と題してお伝えしたいと思います。

住宅購入は、人生で最大の買い物をすることなので、まずは『お金の支払い』について知らないと取り返しがつかない状況になる恐れが大です。

ほとんどの方が、住宅ローンを組んで長期間支払って行くわけですが、その期間中教育費や場合によれば老後費と支払いが重なり、お金が足りない状態が続く場合が出てきます。

いわゆる、住宅ローン破たんや老後破たん のことです。

そうならないためにも、家を購入する前には、住宅ローンや教育費・老後費を含むトータルでお金に精通した専門家であるFP(ファイナンシャルプランナーに事前に相談することは、とても有意義なことです。

住宅会社や銀行という売り手の立場ではなく、前提条件として、第三者の目線であることが重要です。

これを踏まえたうえで、以下のメリットが得られると考えることができます。

1. 将来のライフプランと照らし合わせて住宅購入の判断が可能!

職業・年収や将来の資産背景などを考慮して、購入できる住宅予算の提示から始まります。

30代で年収は?結婚資金は?家族構成は?などの一般的に見た基準となる予算をベースに計算し、年齢ごとに必要な資金などを算出します。

この算出した計画を元に、お客様が住宅を購入するべきかどうかの判断基準のアドバイスが出来ます。

2. ハウスメーカー・工務店などを比較して、安心でお得な選び方ができる!

事前に住まいに対する細やかな要望・ヒアリングを行うことで、希望に合った複数の住宅会社それぞれのメリット・デメリットを整理します。

これにより、ライフプランに併せたお客様の適正な予算内での住宅会社選びが実現できます。

3. 自分に合った適正な返済方法でローンが組める!

住宅ローンには、決めなければいけないことが多くあります。

例えば「借入年数」「固定金利か変動金利か」「頭金の額」「ボーナス併用か」などです。

これらをお客様の将来を見据えた客観的視点でアドバイスが可能です。

4. 住宅購入の諸費用が節約できる!

生命保険の見直しや購入時の火災保険の選び方、FPからの安心できる住宅業者の紹介など、個人では難しい選択などをお客様と一緒に選定・判断などを行っていくことが可能です。

5. 住宅に併せて「貯蓄計画」「保険」「資産運用」などの相談ができる!

家族のその時ごとの年齢やイベントなどを、お金の流れとして将来をみていくことが必要となります。

そこには多くの専門知識が必要となるため、個人では調べることが難しい内容や計算なども存在します。

これをFPに代理で家族の人生設計を計算してもらい、実現するための家計の土台作りを手伝ってもらうことが出来ます。

住宅は人生で最大の買い物です。

だからこそ、お金で失敗することは絶対に許されません。

住宅購入は、1人で悩むのではなく信頼できる 『お金の相談者』 を選ぶことからスタートすべきものだと思っています。

当事務所は、住宅購入初心者のためにセミナーや2時間無料の個別相談会を随時おこなっていますので、まずは信頼に値する人物かどうかを確かめに、お気軽に相談にお越しくださいませ。

今日は、この辺で