こんにちは。

 

先週土曜日は、午後から当事務所にて 『家を買うなら知っておかないといけない情報セミナー』 を行いました。

 

事務所が小さいので少人数での開催です。

 

1組は前日キャンセルとなりましたが、参加いただく2名の方に『活きた知識』を持って帰っていただくよう全力でお伝えさせていただきました。

 

お話しした内容は、『買ってもいい安全な住宅予算(お金)』 と 『買ってはいけない土地や建物(物件)』について。

 

具体的なデータや資料に基づく根拠ある内容です。

 

住宅・不動産業界の裏話しを交えた、本やネットには載ってない『地元福山』に密着した住宅購入検討者が是非聞いてみたい2時間の構成。

 

参加者の方には、【ローン破たんから身を守る 『お金の話し』 と 『危ない物件の見極め方』 を失敗事例を交えた目からウロコ情報が多くて住宅購入にとても参考になりました】 とのお声を頂き、うれしく思っています!

セミナーチラシ

 

今後も定期的に土曜日開催しますのでご興味ある方はHPから予約してみてください。

  ↓↓

http://fukuyama-fp.com/saturdayseminor/
;

 

さて本日は、

 

自分が払い切れる適正予算を知らずして住宅展示場に行くのは、『カモネギ状態』】

と題してお伝えしたいと思います。

 

カモネギとは、鴨がネギをしょってやってくるを比喩した言葉です。

 

いわゆる業者にとっては、住宅・不動産知識や家を建てた経験もない素人の 『いいお客さん』 というわけです。



その根拠は、間違った家の 『買い方の順番間違い』 がそうさせます。
そもそも家づくりをはじめる時、あなたは何からはじめようと思いますか?

 

インテリアや住宅雑誌をみる方もいますし、ネットで情報収集から始めようという方もいます。

 

このブログを読んでいただいてる方はネットで情報収集の方が多いのではないでしょうか。

 

さらには「とりあえず家を見てみたいなぁ」という事で「住宅展示場」に行く方もいると思います。

 

しかし、いろんな手段がありますが、結論から言うと

 

いきなり住宅展示場に行くのだけはちょっと待ったほうが身のためです!!

 

現実的な話、いきなり住宅展示場に行くのは結構なリスクがあるんです。

 

その理由について説明しますね。
私はこれまで多くの家づくりをする方の相談を受けたり、おうち選びのお手伝いをしてきましたが、一番最初に住宅展示場へ行くのはおすすめしていません。
 

理由は、住宅展示場は何も知らないで行くと、お金の危険がいっぱいだからです。

 

住宅展示場に行くと、どういう流れになるでしょうか?

 

住宅展示場へ行くと10社以上のモデルハウスが並んでいます。

 

そして、どのモデルハウスに行ってもアンケートを書いてから家を案内されつつ営業されます。

 

その結果、そもそも『自分の払って行ける住宅適正予算』を知らないままに話が進んでしまうことになり、意気の合った会社でそれとなく決めてしまうパターンが多くなるのです。

 

理由は明確!

 

何の予備知識もない状態で家を見て営業を受ければ、その会社が良く見えてきます。

 

そして「家の事もよく分からないし、なんとなく払って行けそうだし、担当者とも気が合いそうな感じだからここで良いか」となってしまうんですね。

 

「そんな簡単に?」と思うかも知れませんが、住宅展示場に入っている規模の会社の住宅営業マンは侮れない事が多いんです。

 

教育がしっかりしている会社であれば、最初の挨拶から家を契約するまでの流れを徹底的に訓練されています。

 

さらにこの質問にはこう答えると言ったいろんなシチュエーションも徹底的に叩き込まれます。

 

そんな訓練された営業マンに、何も知らない人が営業を受けるとどうなるでしょうか?

 

しかも押し売りのような訪問販売ではなく、自分たちから興味を持って営業されに行くんです。

 

その結果、見積もり内容も家の事もよく分からずに契約、その後にオプションが積み重なって予算を見てビックリ・・。

 

お決まりのパターン、予算オーバー。。。

 

あとでこれが私たちの建てたかった家なのかな?っていう高価な身の丈以上の家が完成したり・・。

 

さて、次の月から始まる住宅ローンの支払い。

 

本当に払っていけますか?

 

もちろん住宅展示場が悪いということではなく、住宅展示場があることで実際の家の中を体験できます。

 

そして納得した上で、身の丈に合った家を建てるのは何の問題もありません。

 

そもそも、ご自身が払っていける金額を知って住宅ローンを組んでいますか?

 

営業マンにとって、家の事をほとんど知らない人は【カモネギ状態】のように見えている事でしょう。

 

では,住宅展示場へはいつ行けばいい?

 

答えは、、、

 

自分のおうちの払って行ける適正な住宅予算を把握し判断できるようになってから住宅展示場に行くべきなのです。

 

現在の日本では、住宅ローンを組んで払って行けなくてローン破たんする人が100人中3人いて、

その他のローン破たん予備軍は住宅ローンを組んでいる全体の30%というデータがあります。

 

今から、住宅を買おうと検討されている方は、このような【カモネギ状態】を避けるために、いきなり住宅展示場に行くのは危ないです

 

まずは、冷静になって自分の無理なく払って行ける適正な住宅予算を確認してから、行動に移しましょうね。

 

わが家の、おうちの適正予算を知りたい方はこちらです。

↓↓

 http://fukuyama-fp.com/service1/

 

今日は、この辺で