本日は、当事務所にお越しになられる相談者様が【住宅ローンを組む際にすでに抱えている借金】についてお伝えしたいと思います。

これから住宅ローンを申し込もうと考えている方が抱えていそうな借金には、どんなものがあるでしょうか?

ここでは、代表的な借金を5つ取り上げ、それぞれの特徴と注意点をまとめてみました。

カードローン

カードローンは、あらかじめ決められた限度額の範囲であれば、ATMなどから手軽に貸出金を自由に引き出せるローンカード(キャッシングカード)です。

非常に便利で使い勝手もいいカードローンですが、住宅ローンの審査にはマイナス要因になります。

なぜならカードローンは、どうしてもカード利用者の支出が多いのでは?と疑われるからです。

住宅ローンの審査では、銀行が発行するものでもカードローンの所有は審査に影響しますが、ノンバンク系のカードローンは消費者金融のカードと同等に見られる可能性があります。

クレジットカード

クレジットカードは日本人平均で1人2枚~3枚持っていると言われるくらい普及している身近なものです。

ただ、そもそもの始まりは、海外旅行時に現金を持ち歩かないでも決済できるカード(トラベラーズ・チェック)として利用が広まるようになったのがクレジットカードの起源です。

そのため、分割払い機能やキャッシング機能のようなものは、クレジットカードには本来ありませんでした。

現在でも外資系のアメックスカードやダイナースクラブには、分割払い機能やキャッシング機能は原則付いていません。

クレジットカードはお金を借りるためのカードではなく、キャッシュレス決済ができるカードというのが本来の姿です。

そのためクレジットカードは、基本的に支払いが遅れるなどしていなければ、住宅ローンの審査上、所有していることが直接問題になることはありません。

公共料金の支払いをクレジットカード決済している方も多いと思いますが、これもまったく問題がありません。

気をつけたいのは、支払い遅延を起こすことです。

クレッジットカード以外の約定払いのすべてに言えることですが、支払い遅延を起こすとカードの利用履歴にキズがつきます。

またキャッシング機能がついたクレジットカードは(ほとんどのクレジットカードがそうですが)、それだけでカードローンと同等に見られてしまうので、審査前はキャッシング枠を外しておくこともテクニックのひとつです。

ショッピング枠についても、原則一回払いを守って使えば問題になることはありません。

ただ、収入に対して枚数を持ちすぎると、金融機関が利用状況を聞いてくる場合があります。

クレジットカードを正しく使えば、全く使わない人より「クレジットヒストリー」が形成できるという点で、信用度が上がるなどメリットもあります。

ただ繰り返しますが、返済遅延すると数年間は履歴が残ってしまいます。

消費者金融(サラ金)

消費者金融は、使い道を限定しない無担保ローンを独自に形成してきた審査方法(基準)によって幅広い層に貸付を行い急成長してきました。

しかし90年代後半、裁判所の審判によっていわゆるグレーゾーン金利での貸付が違法と判断されてから、グレーゾーン金利撤廃によって消費者金融は払いすぎた利息の返還(過払金請求)に追われるようになると、中小はおろか武富士など大手の消費者金融も倒産に追い込まれました。

現在の消費者金融は、銀行の傘下として営業活動を継続している大手数社と、地元に密着した中小業者によって構成されています。

主要駅前に店舗が乱立していたピーク時と比較すると、事業規模は相当小さくなりました。

そんな消費者金融ですが、TVやネット広告の露出度は相変わらず高く大手銀行のグループ会社だということで信用力をアピールしています。

ただ、銀行側でも消費者金融の利用が分かると、同じ銀行グループであっても間違いなく住宅ローンの審査には影響します。

そのため、少なくとも消費者金融から融資を受けたまま、住宅ローンの審査を受けると印象が悪くなります。

銀行が消費者金融のユーザーに住宅ローンを貸したがらない理由は、お金に困ると簡単に借りてしまう人だと判断するからです。

イメージは以前より改善されましたが、消費者金融の利用は大手業者であっても銀行からの信用度は間違いなく下がってしまいます。

車のローン

車のローンは銀行系のローンの他にも信販系のローンもあります。

マイカーは、特に福山市などの地方都市は生活の必需品です。

車のローンは、銀行系のローンでも信販系のものでも、遅延や延滞があると当然ながら住宅ローン審査に影響します。

ショッピングローン(リボ払い含む)

ショッピングローンとは、ネット通販や実際の小売店がオリコやアプラスといった信販会社と提携して、カードがなくてもクレジット購入を促す販売システムのひとつです。

ショッピングローンは、高額な家電製品やお子さまの教育教材など長期分割払いになるケースが多いため、住宅ローンの審査に影響します。

支払い遅延を起こした場合、これも審査に悪影響となります。

未使用のクレジットカードを所有しているケースは?

ここで注意してもらいたいことがあります。

それはカードローンやキャッシング枠がついているクレジットカードを所有している場合、カードを全く使っていなくても審査上は利用枠分が利用残高として判断されることです。

例えば、キャッシング枠が30万円のクレジットカードを3枚所有していた場合は、キャッシングをまったく使っていなくても合計90万円を使っているとみられます。

ただし、銀行側がクレジットカードの所有が返済比率に影響しなければ、闇雲に解約を急いでも意味がありません。

この場合は、窓口面談の際に、使っていないカードは解約したほうが良いかを融資担当者に相談してはいかがでしょう。

なお、解約したほうがいい場合は、カード会社が解約証明書を発行しますので、この証明書も住宅ローン申込時の必要書類に添付することを忘れないようにしてください(解約が不要な場合はこの限りではありません)

住宅ローンで一本化できる?

最後によくある質問で、今ある借金を金利の安い住宅ローンに一本化できるか?ということです。

本来は、このような借金を住宅ローンにまとめられないのが住宅ローンの特質です。(住宅購入費関連にしか貸してもらえない)

ただし、いろんな諸条件がほぼ合致すればの話しですが、住宅ローンに一本化できる金融機関は超・超・超少ないですが稀に存在します。(限度額あり)

ご希望があれば、2時間無料の個別相談にお越しになられたらお教えします。

なお、融資一本化の審査が100%通るという金融機関はありませんので、そこのところ承知おきくださいね。

 

今日はこの辺で

 

福山住宅ローン審査対策相談室(運営:福山FP不動産事務所)