こんにちは。

夜中の蒸し暑さに耐えに耐え、梅雨明けもあと少しの辛抱といった今日この頃、今朝の福山は梅雨が明けたかと思わせる猛暑です。。

福山で、家を買って住宅ローンを組んだ後の家計が破綻しないかどうか家計診断できる【住宅・不動産専門ファイナンシャルプランナー】の渡辺です。

住宅・不動産業界に特化しているので、その関係のお金のことには 『めっぽう強い』 です

何事も予算あっての高い買い物です。

買った後、お金に苦労しない住宅ローンを組みましょう。

IMG_4858

 

さて本日は、住宅ローン審査と落ちる確率(通らない確率)について書いてみたいと思います。

住宅ローン審査に通る確率ですが、実際、申し込んだ方のほとんどの方が無事に住宅ローンを借りることができています。

では、

具体的に、どれぐらいの人が住宅ローン審査に落ちるのか?

落ちる確率はどのようになっているのでしょう??

審査に落ちる確率について、簡単に説明しますね。

どの銀行も住宅ローン審査に通る確率、落ちる確率について公式には公表していませんので、あくまでも推測で言うと、
一般的には、住宅ローン審査に通る確率は95%以上で、

落ちる確率は、だいたい数%程度と言われています。
例えば、100人申しこめば、だいたい95名程度の方が住宅ローンに通ることができ、審査に落ちる確率は、5名前後の方が落ちてしまうようです。

なお、住宅ローン審査は、
1.年収が400万円以上あり、
2.正社員で、
3.勤続年数が3年以上あり、(最近は1年以上)
4.消費者金融やショッピングローンなどの借入がなく、
5.過去にローン・借金の延滞経験がなく、
6.健康状態が良好であり、
7.年収の5~6倍程度までの借入金額であれば、

 

住宅ローン審査にほぼ問題なく通ります。

一方で、

年収が低かったり、
契約社員、派遣社員であったり、

勤務年数が短かったり、

他のローンの借り入れがたくさんあったり、

ローンの延滞や遅延の経験があったり、

健康状態が良くなかったり、

年収の6倍を超えるような借入を希望したりする場合は、

住宅ローンの審査に落ちてしまう確率がグッと上がってしまいます。

特に、消費者金融系からの借金やクレジットを借りすぎていると、住宅ローン審査に通ることが厳しくなるので注意が必要です。

住宅ローン審査を確実に通す為には、仮審査を金融機関に出す前に事前に通りやすくするための対処をしておくことが必要となります。

たとえば、借入希望金額を年収の6倍以内にしたり、勤続年数が2~3年以上になってから申し込みをしたり、他のローン残高をほぼ0円にするなどの対処をすることで、住宅ローン審査に通る確率を大幅に高めることができます。

もし、事前に対処することができるのであれば、しっかり対策をしてから住宅ローン審査に挑むようにしましょう。

住宅ローンの審査が不安な方で、その事前対策などを詳しく聞きたい方は、当事務所の2時間無料相談をご利用ください。

     ↓↓ クリック

http://fukuyama-fp.com/kobetsuform/

きっと、お力になれると思います!

それでは、今日はこの辺で