福山市でファイナンシャルプランナー(FP)事務所と不動産コンサルティング事務所が融合した新しいカタチの住宅FP事務所です

不動産セカンドオピニオンとは?

  • HOME »
  • 不動産セカンドオピニオンとは?

大丈夫ですか

不動産セカンドオピニオン

『不動産セカンドオピニオン』では、第三者的な立場にある不動産のプロからアドバイスを受けることで、大きな安心や問題解決の糸口を得ることができます。

不動産セカンドオピニオンとは

不動産セカンドオピニオンとは不動産の専門知識に乏しい一般顧客を対象としたサービスで、当事者以外の専門的な知識を持った中立的な第三者に「意見を求める行為」のことです。

不動産購入で悩まれている顧客の不安を取り除くためのサービスといえます。

主に医療の分野で、患者が治療を受けるに当たり主治医以外の医師に「意見を求める行為」として使われています。

主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくべきと言う考え方に沿ったものです。

すでに医療業界では当たり前になったセカンドオピニオンですが、不動産業界も同じです

 

はじめての方にとっては不安だらけの不動産取引

不安だらけの不動産取引はじめて不動産を購入する方にとって不動産取引とは分からないことだらけなのではないでしょうか?

物件価格について比較検討もせず、お客様が「買う」と言えば営業マンがあれよあれよという間に取引を進め、契約→決済→引渡しとなります。

新築・中古に限らず購入してしばらくすると、雨漏りがしたり、構造の欠陥・治安・環境の問題などは実際に住んでみてわかることも多いのです。

しかも不動産は高価な買い物であり資産です。

少なくとも相場チェックと実際の住み心地くらいは周囲の住民に聞いて確認してみたいものです。

また、不動産業者の利益である仲介手数料は「成功報酬」であるため、「買わせる営業」になりがちです。

本来、不動産の知識が乏しい一般顧客とのトラブル回避にあるべき「重要事項説明」についても、盛り込まれる説明項目は約100項目以上に及び専門用語も多く登場します。

一度聞いただけで全てを理解するのは至難の業で、一般顧客は質問することも出来ないまま説明が終わるケースがほとんどです。

更に「契約前」というだけで説明の時期が明白でないために、契約と同日に行う事が多いのも不動産業界の暗黙のルールとなっており検討する余地などとてもありません。

これらのことから、今からの不動産業務に対し必要なのが、不動産セカンドオピニオン(第三者評価)です

 

「今回は失敗したけど次は上手くやるぞ!」といかないのが、不動産取引

お客様が抱く多くの不安を解消し、本当にメリットのある満足できる不動産購入を行なうには、利害関係が生じる購入業者からの説明だけでなく、第三者的な立場にある不動産のプロフェッショナルから、客観的なアドバイスを受けることや、物件調査を行なうことが有効な手段となります。

自分の財産を形成する上でも、守るためにも不動産購入のセカンドオピニオン(第三者評価)が必要です

 

当事務所が提供する不動産セカンドオピニオンのポイント

不動産セカンドオピニオンでは、第三者的な立場にある不動産のプロからアドバイスを受けることで、
大きな安心や問題解決の糸口を得ることができます。

カンドオピニオンイラストセカンドオピニオンイラスト2
安心してご相談下さい

相談業務の取引には客観的なプロとしての意見を述べるにとどまり、セカンドオピニオンの相談時に、当方から物件の紹介や販売活動は一切行いません。
安心してご相談下さい。
予約を伴った有料サービスです。別途、料金表をご確認ください。

当事務所では、単なる不動産についての相談だけでなく、FPとしてお客様のライフプランとの検証も行います。

そして多くのコンサルティングや物件調査を行った実績に基づいて、お客様へのご相談にお応えします。

不動産セカンオピニオンでは、以下のような内容のご相談をお受けしております。

 

他の不動産会社や住宅会社に購入依頼をしている場合

他の不動産会社や住宅会社から購入を予定している、または購入を依頼しているが、価格や対応で不安を感じているときに利害関係のない不動産のプロから受ける客観的な第二の意見

例えばこんなとき…
不動産会社・住宅会社の対応に疑問を感じている
専属専任契約を結ばされたが一向に売れない
不動産投資のアドバイスに不安を感じる等々
これから物件購入や売却をしようとしている時

購入しようとている物件や売却の計画が、物件状況や資金計画の面からみてお客様にとって最適かどうかの客観的な第二の意見

例えばこんなとき…
契約前に購入予定の物件に不安を感じる
購入予定の物件の価格は適正な価格なのか
契約書の内容に、間違いや調査不備による不利益がないか
その他不動産の不安や悩み

不動産関係の不安や悩みをお持ちのお客様へ利害関係のない不動産のプロから受ける客観的な第二の意見

例えばこんなとき…
住宅ローンの返済が難しくなってきた
不動産の売却を迫られている…
自宅が競売になりそう…等々

 

『セカンドオピニオン』サービスメニュー

このサービスは、すでに他の不動産会社や住宅会社から購入を予定している、または購入を依頼しているが価格や対応で不安を感じているときに、利害関係のない住宅・不動産のプロから受ける客観的な第二の意見です。

相談業務の取引には客観的なプロとしての意見を述べるにとどまり、セカンドオピニオンの相談時に、
当方からの物件の紹介や販売活動は一切行いません。

安心してご相談ください。

そのため、予約を伴った有料サービスとさせていただいています。

料金表

契約前になって、契約の内容、物件、業者に不安がある方

購入後、本当に長期間住宅ローンを払っていけるかどうか心配な方
pricegenchi

新築・中古住宅の場合、売主側の都合により建物内に立ち入ることが出来ない状況の時には、外観から見た物件指摘となります。

また、季節ごとに変化する日当たり予測や、前面道路の交通量や騒音、地盤沈下、境界問題、ゴミステーションなど近隣からの臭い、河川の氾濫の危険性など、一般の方では気つかず見過ごしてしまう可能性が高い周辺住環境についてのアドバイスを行います。

内容
  • 不動産の専門家が現地にて物件と周辺住環境のメリットとデメリットを包み隠さず正直にご説明します。
  • 現地周辺を一緒に歩いて、自然災害や防犯上危険な箇所がないか等チェックします。
pricekeiyaku

買主側が不利な契約条件や契約内容になっていないか細かくチェックし指摘します。
pricekenchiku

施主側が理解できていない見積もり内容の解析や、のちにトラブルになりそうな契約内容になっていないか細かくチェックし指摘します。

まずはお気軽にご相談ください TEL 084-961-3700 営業時間 /9:00 - 18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 福山FP不動産事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.