おはようごうございます、福山で不動産相談なら…のFP不動産コンサルタントの渡辺です。
 
わが家の庭も花が色とりどりに咲きはじめています。
 
仕事もバリバリ、心もウキウキのいい季節になって参りました〜。
 
 
 
さて今日は、最近相談が増えてきた『贈与』について書こうと思います。
 
ちなみに、みなさんは「贈与税」についてどれぐらいご存知ですか?
 
まず贈与税はもらった人が税金を払います。
 
次に1年間に110万円以内でもらうのであれば贈与税はかかりません。
 
ちなみに渡す側は一人に対して110万円なので、
 
例えば、孫が5人いるおじいさんは一人ずつに110万円渡すこともできるので、
 
年間で550万円も資産を渡すことができます。
 
資産家の方でしたら、少ないかもしれませんが、
 
毎年ちょっとずつ資産を分け与えていくことはできますね・・
 
ただ気をつけたいのは、毎年110万円を定期的に
 
20年間渡していると合計で2200万円になるわけですが
 
税務署からすると、2200万円の贈与をしたととらえて、贈与税を払わないといけない
 
ケースもあるようですよ。
 
そうならないようにするには、
 
・毎年贈与する金額を変える
 
・毎年贈与する日を変える
 
・あえて110万円をこえる金額を渡して、少しだけ贈与税を支払う
 
    等、あります
 
 
住宅取得に関する贈与については、これとは別枠で時限的な特例がありますが、
 
延長がない場合、今年度で終了してしまうので注意が必要です。