こんにちわ。

昨日の雨も上がり、今日はとても陽気で暖かい福山。

今週は、売却依頼を受けている物件のご案内や、9月にご契約頂いていた土地の決済引渡し、物件調査、チラシのポスティング、個別相談会等、時間があっという間に過ぎた感じの一週間でした。

あさってから12月に入りますが、あっという間に年越しを迎えることになりそうなのでスピード感を更に加速して年内業務をこなして参ります!

さて本日は、自宅を少しでも高く売る方法について書いてみたいと思います。

自宅を売却する人は、業務上仲介業者任せで、特にご自身で何かをしておこうという人は結構少ないように感じます。

故に、売却依頼を受けたお客様には、少しでも高く売却できるようお話しする内容です。

アメリカでは自宅売却時に「ステージング」という手法を使って、室内をあたかも普通に家族が住んでいるがごとく飾り付けます。

 

室内公開日には(アメリカでは地域で物件一斉公開日があります)、家族に扮したタレントが、素敵な家族を演じて見せるという徹底ぶり。

 

ここまでやって自宅を良く見せて、少しでも高く売ろうとするのです。

 

アメリカと日本では不動産流通の仕組みが異なるので、同様のことができるか不明ですが、最近は日本にも都会を中心にステージングの専門会社もできているほどです。

 

ここまでやりましょう!とは言えませんが、少しでも高く売るためには清掃を徹底するとか、破損した箇所は修理しておくとか、最低限のことはやっておきましょう!、ということです。

 

しかし、大抵の場合「もう売ってしまうのだから、余計な費用はかけたくない。」というのが実情です。

 

壁紙の張り替えまでする必要はありません。

 

ただ仲介業者に丸投げするだけでなく、このあたりを自主的に改善するだけでも見た目キレイになり、買い手に好印象をもってもらえ、ひいては「値切り予防」にもなるのです。

 

今日はこの辺で