こんにちは。

いよいよ今日から師走に入り、年内にこなさなければならない業務に追われつつ、ほどよいプレッシャーの中で時間との戦いになる 住宅専門ファイナンシャルプランナーの渡辺です。

やりがいのある仕事で、一年の終わりを有終の美で飾れるよう張り切ってまいります!

さて本日は、たまに相談会で聞かれる 『注文住宅と建売住宅の違い』 とメリット・デメリットについて書いてみたいとおもいます。

一般的には注文住宅に比べると建売住宅のほうが割安感があります。

夢のマイホーム、間取りにこだわりたい方や、気に入った設備を取り入れたい方には注文住宅のほうがおすすめです。

建売住宅 vs 注文住宅。それぞれ一長一短がありますので簡単にまとめてみましょう。

建売住宅と注文住宅、どっちがオススメ?

建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅とは、土地と住宅をセットで販売する新築分譲住宅のことです。

建売住宅のメリット

注文住宅にくらべると割安なことが多い
売買総額が初めに分かるので資金計画がたてやすい
大規模なニュータウンのような建売住宅の場合、街並みが美しく整備されている
建築済みの建物を見てから買えるため安心感がある
契約が売主業者との売買契約のみなので、手続きが楽
土地の場所や建物が気に入って納得できればオススメ

建売住宅のデメリット

間取りや設備の自由度がない

「こだわりの家」を建てることができない
建築済みであることが多く、建築中の内部構造のチェックができない
欠陥住宅でないかどうかが分かりづらい

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅とは、建築士やハウスメーカーに設計を依頼し、施工会社に建築してもらう住宅のことです。

注文住宅のメリット

間取りや設備、内装・外装すべて自由に選べる

「こだわりの家」、希望通りの住宅に仕上げることができる
建築工事の過程を見て確認できるので安心
お金をかけるべきところ、かけないところ、を自分たちで決められる
自分たちの「家づくり」を楽しめる

注文住宅のデメリット

間取りの設計からインテリア、外装にいたるまで打ち合わせが多くなる
土地購入の契約、建築工事請負契約など契約が複数になる
支払いのタイミングが複数回に分かれるのでしっかりした資金計画が必要
自分たちの「家づくり」に手間をかけられない人には不向き

いえとちお得な買い方相談室では、建売住宅がいいのか?注文住宅がいいのか?土地探しから資金計画に至るまでお手伝いさせていただいています。

家づくりで不安な点がおありの方は 初回2時間無料の個別相談会をご利用なさってみてください。

 

 

今日は、この辺で