本日は、福山駅前の「さんすて」リニューアルオープンの日。

当事務所近くの駅前に、賑わいが戻って来ることを期待している、

渡辺です。

さて本日は、電話でのお問い合わせでのこと。

ある大手ハウスメーカーと契約したのだが、契約前まではコミュ二ケーションが

取れていたのに、契約後はこちらが電話しても折り返しの連絡が遅くなり、

要望が瞬時に伝わらず不満だらけというものでした。

「釣った魚に餌を与えない」状態で、着工前のため契約解除できないかということでしたが、

契約が完了し、契約金も支払っていらっしゃる段階でのご相談の為、打つ手がありません。

じっくり時間をかけて、先方の担当者と電話でなく顔を合わせて信頼関係を取り戻すようアドバイス

させて頂きましたが、案件をたくさん抱えているハウスメーカーは1人のお客様に対応出来る時間が

限られている現実があるのでしょう。

営業マンからすれば、多くのお客様の1人かもしれませんが、お客様からすれば一生に一度の

マイホーム建築です。

高いブランド料を払ってまでその他大勢の中の1人扱いにされるか、「魂をかけて丁寧な家づくり」を

年間何棟しか建てられません、と1棟を大切に扱っていらっしゃる地元工務店さんを選ぶか?

くれぐれも業者選びを失敗しないでくださいよ〜

5月からスタートする自主開催セミナー、「住宅購入イロハ塾」なる勉強会では、このあたりの

住宅業界の実情を「事実に基づいて」お話させていただきます。