こんにちは。
 
朝夕はすっかり秋の気配が漂うようになった福山地方ですが、まだ暑い昼間との寒暖差で風邪にはくれぐれもご注意くださいね!
 
今週の動きとしては、引き続き依頼のある物件探しや、不動産の個別相談を数件受けつつ、昨日は土地の契約、本日は新築の建売住宅の契約と、スケジュールびっしりの一週間でした。
 
お陰をもちまして、各方面からお声をかけていただき忙しくさせて頂いています。
 
そのご期待に応えるべく、日々継続研鑽しながら、依頼主様にとっての『最大級の成果』に結びつけていけるよう更なる努力をして参ります。
 
さて、本日は『人生で最大の買い物』である不動産購入について、興味深いアンケート結果が出ていましたのでご紹介したいと思います。
 
『皆さんは、不動産購入に対して不安を感じる事がありますか?』というものです。
 
この質問は、大手不動産会社が行ったアンケートですが、
その結果はなんと、『約8割』の人が不安を感じているという結果でした。
 
では、その不安材料は何なのか?
というと・・・
 
1.ローンの返済   61.9%
2.ご近所付き合い   42.0%
3.毎月の生活費への影響   41.8%
4.住宅ローンが組めるか   32.5%
5.売却時の対処   17.7%
 
※複数回答有
 
と、ほぼお金の不安です。
 
住宅購入のほとんどの人が、立地や建物の事ではなく、まず『お金の不安』が先行してあるという事です。
 
これを解決して『不安を安心』に変えていかないと話は前に進んでいきませんよね。
 
お財布にいくら入っているのかも分からずに、レジに商品をもって行けないですもんね(^^;
 
住宅購入者からのライフプランのご依頼をいただくと、住宅購入以外に様々な支出を計算します。
 
教育費、耐久財、旅行、老後などなど。
 
家族のやりたい事をライフプランに反映させ、住宅購入の計算をすると、当初は約9割近い確率で住宅購入後の生活がカツカツになり、家計のやりくりが厳しくなるという結果が出ます。
 
預貯金が底つき、キャッシュフロー上は預貯金がマイナスになります。
 
実際、貯金がマイナスになる事は、ありませんから生活費や教育費をローンでまかなったり、生活を切り詰め生活していきます。
 
と言う事は、家族のやりたい事はほぼ叶わなくなってしまいます。
 
年に1回の家族旅行、実家への帰省、子供の進学、家具家電・車の買替、趣味などなど・・・
 
驚きです・・・
 
こんな意識調査もあります。
 
住宅購入後、思い通りの生活が出来ているか。
 
家計にあんまり影響がない   8.3%
節約生活   19.2%
贅沢は出来ない、家計も節約でなんとかやっていける   60.8%
生活必需品を切り詰めるほど苦しい   11.7%
 
 
約92%の家庭が住宅購入後、今まで通りの生活が出来ていないという結果です。
 
ライフプランを行った際の約90%の人が生活が厳しくなっているという数字は、あながち的外れではないという事が分かります。
 
ライフプランは、行って損はありません。
 
購入後、やっぱり生活がキツイ・・・となるのであれば、事前に知っておきたいですよね?
 
事前に分かっていれば、準備と予防も出来ます。
 
やはり、購入前にライフプランを受ける事をお勧めします(^^)