こんにちわ。

昨日は、気づかぬうちに春一番が吹いたそうな?福山でしたが、それより時期的には例年より大分早い「黄砂」到来とのニュースを聞いただけで、鼻がモゾモゾして来た 公認 不動産コンサルタント の渡辺です。

春本番に向けて、いよいよ住宅・不動産業界も本格的に動いて来ました。

そんな時期ですので、本日は個別相談でもよく聞かれる「マイホーム取得にかかる期間」について書いてみたいと思います。

さて、皆さんはマイホーム取得にかかる期間はどのくらいか、ご存知でしょうか?

マイホームを注文住宅で建築する場合、スムーズな場合でも約6ヶ月の期間を要します。



マイホーム計画の基本スケジュールは、大きく2つの期間に分けることができます。



前半は、「工事前」の土地探しや建物プランの打合せ、住宅ローン審査



後半は、「工事開始準備〜鍵の引渡し」です。



今回は、前半の「工事前」スケジュールについてお伝えしますね。

前半の「工事前」の打合せは、スムーズな方で3ヶ月間前後です。

土地、建物プラン、住宅ローン審査、以上の3つの計画を進めていきます。

(1)土地

建築候補地の現地を見て、建築に際する支障がないかを確認します。

見た目では分からない、建築基準法の規制がかかることがあるので、プロに見てもらいましょう。

購入の意思が固まれば、予約申込み⇒売買契約⇒土地決済(土地代金の全額支払い)と進んでいきます。

住宅ローンを利用して購入をする場合は、1〜2ヶ月の期間を要します。

(2)建物プラン

土地の広さや形状に応じて、お住まいになるご家族に応じて、また総予算に応じて建物の大きさや間取り、配置、仕様の詳細を決めていきます。

規格プランから選ぶタイプの住宅であれば1〜2ヶ月間

オーダーメイドで1から建物を考える場合は、数ヶ月〜1年以上(!)時間をかける方もいらっしゃいます。

(3)住宅ローン審査

住宅ローンの審査は、2段階になっています。

1回目は「事前審査」や「仮審査」とよばれる、簡易な審査です。

こちらは申込みから半月ほどで、審査結果の告知があります。

事前審査で希望金額の融資の承認がおりると、2回目の審査へと進みます。

2回目の審査は、「正式審査」や「本申し込み」などといわれます。

正式審査の場合、結果が出るまでに半月〜1ヶ月ほどかかります。

正式審査を申し込むには

・土地の売買契約書

・建物の建築工事請負契約書

つまり、土地と建物の契約書が必要になります。

(1)土地

(2)建物プラン

(3)住宅ローン審査

この計画は、同時進行で進めていきますので、トータルで2〜3ヶ月ほどの期間を要します。

いかがでしょうか。わりとかかるものです。

ここまで進むと、あとは工事が進むのを待つのみとなります。

続きは、また