こんばんわ。

最近は雑用事に追われる日々を送っているFP不動産コンサルタントの渡辺です。

不動産仲介業は、契約から決済・引渡しという成果を上げるまでには、地道な雑用事を繰り返さなければなりません。

細かな物件調査に始まり、業者廻りや販促活動、チラシのポスティング、金融機関や司法書士との打ち合わせ等かなりの時間と労力を要します。

お客様の大切な資産を扱う仕事なので、地道な作業を慎重かつスピーディーにこなさなければならず、それ故やりがいと誇りを強く感じられます。

当事務所もゆっくりながらコツコツと一歩一歩前進している実感の今日この頃です。

さて本日は、ハウスメーカーと下請け業者の関係について書いてみたいと思います。

先日もある方から、「ハウスメーカーと契約しても、 実際に施工するのは下請けの工務店なんでしょう? それなら、その工務店に直接依頼したら ハウスメーカーと同じような家が安くできるんじゃないの?」と聞かれました。

ご存知だと思いますが、ハウスメーカーが提示する見積書には、多額の広告宣伝費が含まれています。

そのほか、2社分の利益(ハウスメーカーと下請け)も含まれているので、結構な金額になっています。

そこから広告宣伝費と1社分の利益を減らせたら、数百万円・・・いや、もしかすると1千万円くらい節約できるかも・・・。

そう考えるのは、ごく自然なことなのかもしれませんね。

残念なことに、この考えは正しいとはいえません。

確かに、ある程度の節約はできます。

しかし、同じ家づくりはできないのです。

なぜなら、ハウスメーカーには独自の材料や工法があるからです。

また、同じ材料を大量に発注するなどコストを下げる工夫を徹底しています。

それをマネすることはできません。

そもそも、他人の努力に便乗して利益を上げるような業者は、例え元請け業者との契約に違反していないとしても、(ほとんどの場合、契約違反になると思いますが)私なら人間性を信用できません。

当然のことですが、下請け業者は施主と直接打ち合わせることはできません。

ハウスメーカーに指示された通りに施工し、節目節目でチェックを受け、完成させたら次の現場に行くだけです。

だから、彼らの目線はハウスメーカーに向いてます。施主には向いていません。

下請けをしている限り、彼らは集客や契約獲得のために苦労することはありません。

また、施主と打ち合わせを重ねて、その家族のためだけの家を作り上げる苦労を経験することもありません。

その代わり、引き渡しの時に施主が喜ぶ顔を見たり感謝された時に湧きあがってくる満足感を経験することもありません。

それよりも、施工に徹することを選んだのです。

彼らが、下請け業を選んだのには、それぞれの理由があります。

その理由は業者によって違いますが、その意味は理解しておきたいものです。

福山市内の工務店独自の家づくりでも、ハウスメーカーに引けを取らない業者は結構あります。

せっかく家族のために家づくりをするんですから、ハウスメーカー以外でも地元の工務店もぜひ選択肢に入れてみてくださいね!

では、また